PICを使った信号発生器基板
オシロスコープで リサージュ図を!!

【仕様】

 リサージュ図用の5種の正弦波信号・24種の矩形波信号・9種類のファンクション信号・△□☆描画用の6種の信号・SW1スイッチのポジションを示す9種のLED点滅信号を出力できます。下表に、SW1スイッチのポジションとOUTPUT端子から出力される信号の一覧を示します。SW1スイッチを押すたびに、1→2→3・・・9→1・・・と言うふうにポジションがシフトします。  

CN1 SW1









リサージュ 1:2 1:2 1:3 2:3 3:4 4:5
SIN1 1000 Hz 500 Hz 417 Hz 667 Hz 500 Hz 1000 Hz △X □X ☆X
SIN2 1000 Hz 1000 Hz 1250 Hz 1000 Hz 667 Hz 1250 Hz △Y □Y ☆Y
GND GND
FUNC 正弦波(1000Hz) 三角波(1000Hz) ノコギリ波(1250Hz) 逆ノコ波(1000Hz) 台形波(667Hz) バースト波(1250Hz) 9本線(0.05V) 9本線(0.1V) 9本線(0.2V)
SQU1 1000Hz
SQU2 500Hz 1.25 kHz 500Hz 2.5 kHz 50 kHz 250 kHz 500 kHz
SQU3 4 MHz 2 MHz 1 MHz 400 kHz 200 kHz 100 kHz 40 kHz 20 kHz 10 kHz
SQU4 5 kHz 2 kHz 1 kHz 400 Hz 200 Hz 100 Hz 40 Hz 20 Hz 10 Hz
BLINK 1 回 2 回 3 回 4 回 5 回 6 回 7 回 8 回 9 回
10 VDD 3V ~ 5.5V

 SW1スイッチのポジションが1~6の場合にSW2スイッチを押すことでSIN2信号とFUNC信号は、その他の信号に対し逆方向に10μSステップで位相シフトします(リサージュ図は回転)。SW2スイッチを長押しすると、自動で位相シフトします。解除するには、SW1スイッチもしくはSW2スイッチを押します。


【回路図】                 ※回路図をリックすると拡大します。


【外形寸法図】



厚み=1mm


inserted by FC2 system